サイトマップ
  • Profile
  • プロフィール画像
    フラウ・ケラー
    性別:女性
    血液型:B型
    出身地:神奈川県
    職業:サービス業
    >>もっと見る
  • Search

  • Moblie QR
  • QRコード携帯電話からも
    アクセスできます。
トップページ画像トップページ画像トップページ画像トップページ画像トップページ画像トップページ画像
Herzlich Willkommen! / 「フラウ・ケラーのドイツ語翻訳・通訳サービス」HPにようこそ!

ベルリン在住の元番組コーディネーターが、
翻訳・通訳・個人ガイド・アテンド等のご依頼にフレキシブルに対応しております。
ベルリン市内外、ポツダムでのご依頼をメインにお引き受けしておりますが、
ドイツ語圏内の他の都市への出張も可能です。

通常の翻訳・通訳案件のほか、
漫画のドイツ語翻訳を引き受けております。
漫画や動画の字幕、ゲームなど
エンターテイメント系のドイツ語翻訳者をお探しの方は、
ぜひ一度ご相談下さいませ。

その他の詳しい仕事内容につきましては、
コチラをご覧ください。

連絡先
Yuko Keller(ケラーゆうこ)
kellerberlin(at)hotmail.co.jp

メールもしくは当サイトのお問い合わせフォームより
お問い合わせ下さい。
出来る限り迅速にご返事を差し上げます。

見本市での通訳・アテンドも承っております。
ご依頼内容、日数などによって料金の交渉も可能ですので、
ご気軽にお問い合わせください。お見積もりを作成いたします。

最近のお知らせ - ブランデンブルクの温泉に行ってきました。
2017年11月02日
ドイツは日本と異なり、州ごとに祝日が違い、
ベルリンは他の州より祝日数が少ないのですが、
今年の10月31日はルターの宗教改革から500年という
とてもおめでたい日(?)なので、ベルリンも祝日でした。

そうすると、30日の月曜日さえ休めば
土、日、月、火と四連休なので、
この連休を利用して、近くの温泉に行ってきました。

場所は、ブランデンブルク州にあるテンプリン(Templin)。
ベルリンから電車で二時間ほどの距離にあります。

折しも、前日に台風が訪れて線路の上に木が倒れたりしたので、
通常なら乗り換えなしで着くはずが、三度も乗り換え
田舎の村で路線バスまで乗る羽目に…!
画像 画像 画像
でも、このアクセスの悪さのお陰で秘境感たっぷりです。

テンプリンは、城壁に囲まれた小さな街。
画像
街中のホテルガルニ「Zum Eichwerder」さんにチェックインして
その日はゆっくり過ごすことに。
画像

翌日は晴天だったので
相方の提案で向かった先が、
ドイツの日光江戸村、「El Dorado」
ウェスタン風のテーマパークです。
画像 画像 画像
乗り物などのアトラクションはあまりないのですが、
決まった時間にスタントショーや寸劇のようなものがあり、
それなりに楽しめました^^;)

スタントは東京ドームシティの戦隊ショーのような演出もあり
なかなか迫力がありましたが、
寸劇部分は志村けんさんの昔のコントを見ているようでした。
その場の子供たちには大ウケで、
古今東西、笑いのツボって同じなんだなあとつくづく感じました。

実はこのEl Dorado、車がないとかなりアクセスが悪く、
テンプリン市内に戻る場合も地元のバスを予約しないと来てくれないので※
ドイツ語が苦手な方には、うかつにお薦め出来ない場所なのですが^^;)
あえて日本人がいなさそうなテーマパークに行ってみたい方は
ぜひどうぞ!

※春夏などの行楽シーズン中は異なる可能性有り。

午後からは、テンプリン中心部から約2kmほど離れた
Natur Therme Templinへ。
温泉といっても、水着を着用して入る温泉プールのような場所です。
中は流れるプールあり、波のプールあり、スライダーあり、サウナありで、
家族もカップルも楽しめる施設でした。
写真を撮り忘れていたので、リンクを貼っておきますが
来ているお客さんの雰囲気もよく、お薦めです。
https://www.naturthermetemplin.de/

この季節だと外も寒いので温泉がメインですが、
春夏は湖でボートに乗ったり、サイクリングも楽しめるようなので
また暖かい季節になったら行ってみたいと思います!

以上、テンプリンの回でした。
聖霊降臨祭のお休みを利用して、
バルト海沿いのダース地方に行ってきました。

ダース地方というのは、ご存知の方も多いとは思いますが
大体この辺り。
画像
ガイドブックにも載っているバルト海の街は
ヴァルネミュンデやトラベミュンデ、
リューゲンあたりが有名ですが、
ダース地方は、ドイツ人のバカンス地として
とても人気がある場所なんですよ。

祝日は高速道路が混むことを予想して
今回はベルリン中央駅から
列車での旅でした。

利用したのはこちらの電車。

①Regional-Express 3306
8:13分発(ベルリン中央駅)
11:41分着(シュトラールズント駅着)

②Usedomer Bäderbahn Barth行き
12:09分発(シュトラールズント駅発)
12:43(バート駅着)
画像
「世界の車窓から」のテーマソングを
聴きながら乗りたくなる眺めです。

乗り換え駅のシュトラールズントで
30分近く待ち時間があったので、
駅構内を覗いてみました。
画像
壁に描かれた鳥瞰図が素敵!

お昼ご飯を調達するついでに
新聞・雑誌類を販売している小さなプレスショップに入ってみると
「東京喰種:re」「アルスラーン戦記」「マイぼーる!」が並んでいて
ちょっと胸アツでした。

終着駅、Barth(バート)は
ひなびた雰囲気の小さな街。
画像 画像
今回の宿はこの街で取りました。
画像 画像
ちなみにバートは、入り江に面した小さな港町なので
泳げるビーチはありません。
鉄道で行けるのはここまでなので、
半島に渡るには、船もしくはバスに乗る必要があります。

半島にある町については、次回の日記に書きますね^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、告知です。
画像
ドイツ語版「マイぼーる」7巻の
翻訳を請け負わせて頂きました。
お手に取って頂ければ幸いです!
今日は翻訳の仕事が一段落したので、
ミッテの観光名所を散歩してきました。

今日のナショナルギャラリー。
画像 画像
画像 画像 
今日のベルリン大聖堂。
画像
そして今日の旧博物館。
画像
そして何と帰りがけに
近所の公園で発見したのは…

先週日曜日に(我が子が)紛失した
キックボード!(^O^)/
画像
お友達との遊びに夢中になって
キックボードを忘れて帰宅してしまったのが日曜日。
翌日に気がついて慌てて探しに行ったのですが既になく
諦めかけていたところ、散歩の帰りに発見したのでした!
この辺りの治安の良さに感謝するばかりです^^;)

落し物はまず帰って来ないのがベルリンのスタンダードなので
今回はとてもツイていたのかもしれませんね。

最後に告知です。
ドイツ語版「ストライク・ザ・ブラッド」8巻の
翻訳を請け負わせて頂きました。
お手に取って頂ければ幸いです。
画像
モノレールがどことなく那覇市を彷彿とさせる
絃神島の雰囲気が大好きです!
更新履歴
  • 06月19日 22:31 プロフィールを更新しました。
  • 06月19日 22:13 「LINK」を更新しました。
  • 06月07日 19:10 トップページを更新しました。